ゲーム開発勉強会(6/24)

こんにちは!IGDA琉球大学(琉ゲ部)の安田です。

6月24日に行なったゲーム開発勉強会についてお伝えします!

※今回の勉強会では写真は撮り忘れてしまった為、前回の写真をイメージとして使用しています。

琉ゲ部が開催しているゲーム開発勉強会とは,もくもく会と交流会を合わせたようなもので,勉強しつつ交流もする「自由かつ真剣に勉強会を!」をモットーにした欲張りな勉強会です。

今回参加してくださったのは,ITカレッジ,琉球大学から学生が5人と,社会人の方1人の計6人でした。ご参加ありがとうございました!

 

まずは,自己紹介と勉強会に参加した目的を話してもらいました。ITカレッジの学生3人は学校の授業でグループでゲーム制作をしているとのこと。ボンバーマン風のゲームを作っていて,制作を進めるために参加したそうです。

社会人の方は3Dモデリングやデザイナーをされている方で,中城城跡で行なわれていたプロジェクションマッピングを制作されたそうです。すごい!

今回は沖縄のゲーム事情がどうなっているのか興味を持ち参加してくださいました。

ちなみに私は前回GameJamで作ったゲームの改良と,参加者の方と交流することを目的にしていました。

最初の2時間ほどは皆さん黙々と作業をしていましたが,緊張が薄れてきたのか積極的に交流も図っていきました。ITカレッジの学生は社会人の方やサマスタの方に製作中のゲームについての意見を伺ったり,私が社会人の方に何をしているのかを聞くと,Unityのチュートリアルを改良しているとのことでそれを遊ばせていただきました。そのような形でいい感じの交流ができました。

今回は参加人数がいつもより少なく,うまく交流はできるのか,だれも喋ろうとしないのではないか…と心配な点がありましたが参加者の皆さんが交流を図ってくれたのもあり,勉強会は大成功でした。

 

また,今回は諸事情により運営が私1人ということもあり,うまくできるか若干心配でしたが,参加者の皆さんが「自由にかつ真剣な勉強会」を取り組んでくださったおかげで円滑な運営ができました。ありがとうございます!

引き継ぎの時期も近いので,こういった経験を糧にしてGlobalGameJamなどの大きなイベントの運営もできるようにしていきたいと思います!

 

また次回!皆さんで楽しい勉強会をしましょう!

ゲーム開発勉強会の参加登録は>コチラ<