Global Game Jam 2015 琉球大学会場 イベントレポート

Global GameJam 開催概要

2015/1/23,24,25 に Global Game Jam 2015 (以下GGJ)を、IGDA琉球大学主催・一般社団法人沖縄ゲーム企業コンソーシアム共催のもと、琉球大学で開催しました。

今回は49名の方々が集まり、2日間でゲームを製作しました。

参加者の皆様、お疲れ様でした。そして、参加していただき誠にありがとうございました。

参加者内訳(敬称略・参加人数順)

大学(計22名)

  • 琉球大学 : 20 名(情報工学科学生 19 名)
  • 沖縄国際大学 : 1 名
  • 沖縄県立芸大 : 1 名

専門学校(計9名)

  • KBC : 7 名
  • IDA : 2 名

高校(計1名)

  • 美来工科高等学校 : 1 名

社会人(計17名)

  • 株式会社ブリブサー : 5 名
  • 株式会社アプリカラボ : 2 名
  • Unity Technologies Japan(東京) : 2 名
  • 琉球大学 : 1 名
  • 株式会社アプリカ(東京) : 1 名
  • 株式会社シフト(神奈川) : 1 名
  • 株式会社プラチナエッグ(東京) : 1 名
  • IGDA UK : 1 名
  • その他 : 3 名

グループ内訳(計9グループ)

  • Unity : 6 グループ
  • cocos2d-swift : 1 グループ
  • SpriteKit : 1 グループ
  • ボードゲーム : 1 グループ

今回は、初めての高校生の参加や多数の社会人に参加していただき、とても大きなイベントとなりました。

多分、今までの沖縄の GGJ の中で一番参加人数多かった・・・?

今回の GGJ は日本で 19 会場が開催していました。

IMG9900

会場の様子

19会場の中で 4 番目に人数の多い会場になっていたので、どれだけ多くの人が参加している会場になったかが伺えます。

GGJ前夜祭

金曜日は多くの社会人の方々が参加できない状態だったので、ボードゲームで交流会を開催しました。

2012 年の Game Jam で作ったボードゲームで製品化「オトーリバース」や「クイズ いいセン行きまshow」など様々なボードゲームをプレイして交流しました。

ちょっと残念だったのが、グループを組んでゲームを始める前に自己紹介タイムを設けるのを忘れてた・・・

次回交流会を行うときは、グループ内で自己紹介タイムを設けないといけないですね。

ボドゲ懇親会

ボドゲ懇親会

オトーリバースが Game Jam にて製作していた様子がこちらにまとめられています。

http://d.hatena.ne.jp/nakarx/20121223/1356274383

ちなみに参加者は 36 名でした。

GGJ2015のテーマ

GGJ2015 テーマ発表の動画

https://www.youtube.com/watch?v=N1W5VxdNyNk

今回のテーマは 「WHAT DO WE DO NOW ?」

去年より解りやすいテーマでしたね。

GGJ 新しい案出し方法

今までの Game Jam ではテーマに沿ったゲームを各チームで話し合って製作という流れでしたが、今回は Unity Technologies Japan 鎌田さんのご提案により、参加者全員で製作するゲーム案を出すという試みをしました。

資料はこちら

http://www.slideshare.net/yasuyukikamata/ss-42824811

今までの流れはチームでゲーム案を考えて、企画発表の時に他のチームのゲーム案を聞いて新しいアプローチをいれる。

というのが流れでしたが、今回の案出しの手法だと企画を考えながら他のチームの人の意見を聞くことができ、新しいアプローチを加えるタイミングが企画発表よりも前になりました。

また、他のチームの人と交流をするので、チームの方々だけではなく様々な方々と交流を持てたと思います。

一番人気だった企画書

一番人気だった企画書

発表会

発表会では約20名の見学者がいらっしゃいました。

また、2泊3日で 日本の GGJ 主要会場を回っていた IGDA Japan の小野さんも発表会前にご到着。

発表会の様子が以下のページでも紹介されています。

http://ggj.igda.jp/igda%E7%90%89%E7%90%83%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%8C%E4%B8%BB%E5%82%AC%E3%81%97%E3%81%9F%E6%B2%96%E7%B8%84%E4%BC%9A%E5%A0%B4/

たくさんの見学者

たくさんの見学者

総括

今まで沖縄で開催された GGJ で最大の参加人数となり、そして県内のゲーム製作に興味のある学生をほとんど巻き込めたのではないのかと思います。

また、様々な会社の社会人と協力して1つのゲームを製作しました。

ほとんどの方々が「こういう開発のやり方があるのか」「そういう考え方もあるのか」と様々な価値観に触れ合うことができたのではないでしょうか。

今回、情報工学科の参加者で 3Dモデリング担当の学生が居ました。

その学生が「グラフィックを専門としている学生と関わり勉強になった」と述べていたのでよかったです。

最後になりますが、GGJ2015に参加していただき、誠にありがとうございました。

次回の Game Jam は未定ですが、またたくさんの学生・社会人に参加していただけたらと思います。

GGJ2015 琉球大学会場 集合写真

GGJ2015 琉球大学会場 集合写真